ホーム 台湾貿易センター大阪事務所について サイトマップ  

 

ニュース
国発会が恒春観光鉄道計画を承認、2026年の開通目指す
Taiwan Today より
http://jp.taiwantoday.tw/news.php?unit=152&post=113738
 
Taiwan Trade Center, Osaka
2017-04-13
         
国家発展委員会(国発会=日本の省レベルに相当)は11日、交通部(日本の国交省に類似)が提出した「恒春観光鉄路可行性研究(鉄道実行可能性研究)」を承認した。同計画は、台湾南部・屏東県にある在来線・台湾鉄道の内獅駅から南方に延伸、新枋山、楓港など7つの駅を新設するもので、環境アセスメントを順調に通過して建設が始まったならば、最速で2026年6月に営業運転を開始できるということ。
 
交通部の計画によると、同鉄道の範囲は内獅駅が起点。初歩的な計画では新たに全長37.72kmの線路を敷設、新枋山、楓港、竹坑、海口、車城、五里亭、恒春の7駅を新設、合わせて内獅駅もリニューアルする。総工費は199億台湾元(約704億日本円)。順調に環境アセスメントを通過して建設が始まれば、2026年6月に開通が可能だという。
 
恒春観光鉄路(鉄道)は当初は単線とし、海口駅にクルーズ式観光列車が停車していられるレールを設ける。内獅、海口、恒春は三等駅(台湾鉄道の駅には現在、特等駅から信号場まで7つの等級が存在する)とし、その他の駅は簡易駅の予定。ただ、運輸システムの選択、正確な路線と駅の地点などは総合的な計画と詳細な分析、比較を行った上で確定する。
 
観光鉄道の計画では、平日は1時間に1本、休日は観光需要に応じて1時間に2本を運行する。在来線・台湾鉄道の新左営駅から恒春駅まで各駅停車で141分、「直達車(快速列車)」では90分を目指す。
 
 
(C) Taiwan External Trade Development Council, All Rights Reserved.  Powered by
Organized by the Bureau of Foreign Trade (BOFT), Ministry of Economic Affairs of the Republic of China
Implemented by the Taiwan External Trade Development Council (TAITRA)
520 ATC O's N Bldg., 2-1-10, Nanko-Kita, Suminoe-Ku, Osaka 559-0034559-0034 大阪府大阪市住之江區南港北2-1-10 ATCビル520
TEL : +81 (6) 66149700 | FAX : +81 (6) 66149705 | E-mail : osaka@taitra.org.tw