ホーム 台湾貿易センター大阪事務所について サイトマップ  

 

ニュース
文化クリエイティビティと産業を結び付け、台湾の文化クリエイティブ産業を発展させよ
Taiwan Today より
http://jp.taiwantoday.tw/news.php?unit=154&post=116307
 
Taiwan Trade Center, Osaka
2017-06-15
         
林全行政院長(首相)は5月26日、文化部(日本の省レベル)による「第1回国家映像・音楽・金融エリートクラス開講セレモニー」に出席した際、文化クリエイティビティと金融には重要な関連性があると指摘、中華民国(台湾)が進歩的な国家となるには、他国のやり方を参考にしながら、文化クリエイティビティの発展に従来以上の機会を与えなければいけないと述べ、今回の文化界と金融業界の交流から台湾の文化クリエイティビティと産業が理想的な条件で結び付き、その価値を十分発揮できるようになることを期待した。
 
林行政院長は、文化クリエイティビティは国のブランドでありイメージだとし、中でも文化は社会文明の象徴で非常に重要だと強調した。林行政院長は、国と社会の進歩は往々にして文化クリエイティビティに現れるとも述べている。
 
林行政院長によると、台湾の文化界と芸術界には、創作活動に取り組む優れた人物が数多くいるが、その創作過程は大変孤独なもの。文化はしばしば社会の最先端を歩み、その価値が現れるのに時間がかかる。また、多くのアイデアは、最初は社会に受け入れられることが難しい。林行政院長はこのため、企業やベンチャーキャピタルがこうした文化人をサポートし、その作品の価値が現れるのを早めるよう希望した。
 
林行政院長はまた、「将来を見据えたインフラ建設計画」で文化クリエイティビティとかかわる部分は少なくないとして、多くの歴史資料をできる限り早くデジタル化、数値化して保存することを例に挙げた。また、将来は新技術を導入し、政府がプラットフォームを構築、機会を生み出して、文化人が適切な環境の中でより多くのチャンスを得られるようにしたいと話した。
 
さらに文化の無形の価値についても制度とシステムが必要。価値を判断するためのメカニズムを構築する他、文化人の芸術創作を理解して彼らの努力と功績を改めて鑑定することで、彼らが社会から評価され、創作活動を続けられるようにしなければならない。
 
金融界が無形資産の価値を認定し、文化人に融資を行う場合は、積極的にこれに取り組む必要がある他、関連のメカニズムも立ち上げるべき。また、公益活動を行う場合にも文化クリエイティビティとの結び付きを増やすべきで、林行政院長は、全ての産業、企業、政府がこうした観念と考え方を持つよう希望した。
 
林行政院長はそして、文化部が今回、金融業者と映像・音楽界で働く人たちを結び付けたことを評価、それぞれが相手を知る機会を提供するだけでなく、台湾の文化に直接資金とパワーを与えるものだと指摘した。
 
文化部は、金融業者と映像・音楽業界との交流プラットフォームを立ち上げるため、今年6月と7月に「第1回国家映像・音楽・金融エリートクラス」を2回実施する。「影一製作所」の責任者である李烈女史、「霹靂国際株式会社」の陳義方総経理(社長)、テレビドラマ『通霊少女』の国際的な合作を実現した施悦文さんなど、映像・音楽業界の専門家を招き、映像・音楽業界全体の状況と発展のトレンドについて学生たちと共有する他、成功したケースと成功に至らなかったケースに対する分析を行うことで、金融業界に映像・音楽業界全体の状況と発展の趨勢を理解させる。文化部は、このケースごとの分析とマッチングを通じて、映像・音楽業界と金融業界の対話をスタートさせ、相互協力の新たな産業パターンを築くことで、双方が映像と音楽のコンテンツ文化としての経済的価値を共に生み出し、享受できるようにと期待している。
 
(C) Taiwan External Trade Development Council, All Rights Reserved.  Powered by
Organized by the Bureau of Foreign Trade (BOFT), Ministry of Economic Affairs of the Republic of China
Implemented by the Taiwan External Trade Development Council (TAITRA)
520 ATC O's N Bldg., 2-1-10, Nanko-Kita, Suminoe-Ku, Osaka 559-0034559-0034 大阪府大阪市住之江區南港北2-1-10 ATCビル520
TEL : +81 (6) 66149700 | FAX : +81 (6) 66149705 | E-mail : osaka@taitra.org.tw