ホーム     台湾貿易センター大阪事務所について     サイトマップ             


 
>  台湾製精密機械のことなら!【スマートマシン産業推進プロジェクト】                
ニュース
台湾電力公司の本社ビル、米LEEDプラチナ認証獲得
Taiwan Today より
https://jp.taiwantoday.tw/news.php?unit=150&post=133977
 
Taiwan Trade Center, Osaka
2018-05-10
         
台湾北部・台北市の公館にある台湾電力公司の本社ビルは、台湾全土の電力にとって心臓部に当たる。1982年竣工、27階建て、高さ114mを誇り、竣工当時は台湾で唯一の高さ100mを超えるビルだった。同ビルはこのほど、米USGBC(米国グリーンビルディング協会)が実施するグリーンビルディングの認証システムLEED(Leadership in Energy and Environmental Design)のうち、既存ビル部門の最高評価であるプラチナ認証を受けた。
 
台湾電力公司の本社ビルは、既存ビルに新たなスマート省エネ機能を取り入れる取り組みを進めている。iBEMS(インテリジェント・ビルエネルギー管理システム)でエネルギーの使用状況を制御・分析し、空調システムを更新、環境に配慮したグリーンデータセンターを構築するなどして、1年で160万度(1度はkWh)の節電と、4,000トン近くの節水に成功している。台湾でLEEDプラチナ認証を受ける既存ビルは、台北101ビル、台湾積体電路製造(TSMC)のビル3棟、台達電子(デルタ電子)、華碩(ASUS)のビルに並ぶ7例目。台湾では最も古いビルによるLEEDプラチナ認証となった。
 
LEED認証は世界167カ国・地域で普及する、世界で最も知名度の高いグリーンビルディング認証制度。米USGBCのMahesh Ramanujam会長が8日午前、台湾を訪れてLEEDプラチナ認証の認証プレートを手渡した。Mahesh Ramanujam会長は、「台湾電力公司はグリーンビルディング改造計画でプラチナ認証を獲得した。これは我々の既存ビルに対する認識と想像を打ち破るものだった」と台湾電力公司の取り組みを評価した。
 
LEED認証は、省エネ、水の効率的利用、室内環境、材料と資材、サスティナブルな敷地利用など5つの評価カテゴリーで建築物の環境性能を評価するもの。その達成度に応じて、標準認証、シルバー、ゴールド、プラチナの4段階の認証を与えている。
 
台湾で現在、LEED認証を受けている建築物は115棟。これらの建築物は、新規ビルと既存ビルに分けることができる。既存ビルは当初の設計上の制限もあり、新規ビルのように容易にグリーンビルディングのコンセプトを取り入れることができない。しかも、電力使用の評価部分については、既存の同タイプのビルと比較するほか、新規ビルよりも低くなる必要がある。さらに、最高認証となるプラチナ認証を得るには、すべての評価項目で80%以上のポイントを獲得する必要がある。
 
世界では現在、10,955棟のビルがLEED認証を申請しているが、プラチナ認証を取得しているのは全体のわずか4%、合計445棟にとどまっている(2018年5月7日現在)。米ニューヨークにあるエンパイア・ステート・ビルディングですら、LEED認証ではプラチナの下であるゴールド認証にとどまっている。台湾電力公司は公営電力会社であることから、台湾では初めての公的機関によるLEEDプラチナ認証となる。
 
台湾電力公司は、iBEMS(インテリジェント・ビルエネルギー管理システム)でビルの電力、温度、湿度、二酸化炭素濃度などエネルギー使用と排出を監視、制御、分析、調節し、省エネを実現しながら快適なオフィス環境を作り上げている。
 
台湾電力公司によると、本社ビルの電力使用量のうち、最も大きい部分を占めるのは空調(約30%)によるものだった。同社は、工業技術研究院(ITRI)が開発した技術を導入し、1年間で93.2万度の節電に成功した。これにより、LEED認証の評価カテゴリーのうち、省エネ分野で満点を獲得することができた。また、世界のほかのオフィスビルの中でも、省エネ分野の評価は上位5%以内に食い込むことができた。さらに、電力使用量の20%以上を占めていた資料計算センターについても、電力消耗量を50%近くカットすることに成功。1年間で70万度近くの節電に成功した。
 
台湾電力公司では、今回LEEDプラチナ認証を受けた本社ビルだけでなく、台湾南部・屏東県恒春にある南部展示館でも太陽光発電で年間6万度の電力を生み出している。また、空調及び照明システムの改修により、LEEDゴールド認証と、台湾のグリーンビルディング認証であるEEWHの最高評価ダイヤモンド認証を得ている。台湾中部・台中市に置く台湾電力公司台中区営業処もEEWHゴールド認証を獲得。台湾電力公司では、これら3つのビルで年間300万度近くを節電している。これは750世帯(1世帯当たり4人、月間330度を使用する計算)の1年間の電力使用量に匹敵する。
 
 
蔡総統がネットで初のライブ配信、政権運営2年の心境語る(2018/05/24)
 
エイズ予防治療条例改正、エイズキャリア間の臓器提供が可能に(2018/05/24)
 
外交部、各国による台湾のWHO総会参加支持表明に感謝(2018/05/24)
 
外交部「TAIWAN TODAY」にインドネシア語、タイ語、ベトナム語(2018/05/24)
 
シンガポールADEX、アジア太平洋のダイビングスポット15ヶ所に台湾(2018/05/24)
 
(C) Taiwan External Trade Development Council, All Rights Reserved.  Powered by
Organized by the Bureau of Foreign Trade (BOFT), Ministry of Economic Affairs of the Republic of China
Implemented by the Taiwan External Trade Development Council (TAITRA)
520 ATC O's N Bldg., 2-1-10, Nanko-Kita, Suminoe-Ku, Osaka 559-0034559-0034 大阪府大阪市住之江區南港北2-1-10 ATCビル520
TEL : +81 (6) 66149700 FAX : +81 (6) 66149705 E-mail : osaka@taitra.org.tw